私は何も出来ない凡人だ。 いつだって他人に支えられている。 でも、周りはそんなことはないと言うが、では、一体、私のどこが出来ているというのだろう。 勉強が出来るわけでもなく、運動神経が飛びぬけていいわけでもない。 スタイルがいいわけでもないし、顔がいいという事もない。 ただ、生きているだけの人間だ。

悪行をすることはないが、何も持たないというのは、生かされているというだけの事ではないだろうか。 私は、夢を持ちそれに向かって歩む高校生や大学生がとても羨ましく思う。 彼らは、それだけで輝いている。 私はそれを見て羨ましかった。 私も、そのころにそれだけ真剣に何かを追い求めるだけの物を持っていたら、違った明日が見えたのだろうか?輝いていただろうか?私は、高校生活を楽しんでいたが、それだけでしかなかった。 本当に苦労をした訳ではなく、流されるまま歩いてきたように思う。 だからこそ、今、必死に就職合戦に立ち向かう彼等が羨ましく輝いて見えるのだ。

私は、叔父から「お前は必死になって勉強をしたことがない」と言われた。 その言葉に最初はズキッときたが、考えてみるとそうかもしれないと思った。 私は自分の出来る全てを持って勉強はしていなかった。 私がしていたのは追試を受けないようにするための最低限の勉強。 それしかしていなかった。 今、思えばもっともっと頑張っておけば良かったと思う。 だが、私は考えたのだ。

私が必死に勉強をして頑張ったとしても、選ぶのはこの道のりだろうと。 何度連想してもこの道のりしか思い浮かぶことはなかった。 何故だろうか?私にとっては結局のところこの道のりは切っても切り離せないものなのかもしれない。 生まれもっていく道が決まっていると言ったら語弊をあおぐかもしれないが、私は何度時間を戻したとしてもこの道を歩いていくだろう。 ただ、一つ変えたいと心から思うのは、自分の足で歩くこと。

差し出してくれる手を取るのではなく、逆に手を伸ばして支えられる存在でありたいと思う。 今の私は、本当に劣等感の塊で、何もできず人の手を必要としてきたが、その劣等感を覆し、いや、劣等感を持っていてもいいのかもしれない。 その劣等感こそが自分の一部なのだから受け入れなければいけないだろう。 そして、劣等感をバネにし自分を変えてみる努力をしてみようと思う。 自分は何も出来ないのだと意固地になっていた私。 でも、周りを見て見れば思いの他、周りは広く可能性に溢れている。

出来ないなんて言っている場合じゃない。 何もせずに諦めてしまう事こそ自分を拘束していたのに他ならない。 もっと、自由に考えを巡らしてもいいだろう。 出来ないと言っている前にやってみたらいいじゃないか。 立ち止まらない事、諦めない事が新しい自分を紡ぎ出してゆく。 まだ、土のなかで芽を出したばかりの葉のように少しずつ知識を吸い上げ、いずれは大輪の花を咲かせられるように。

歯科医師 求人 名古屋

大阪の人気seo会社

オメガの中古商品の金額をお出しします

RMT トレード

大阪の成果報酬型SEO